防音アパートの作り方

防音アパートの作り方を理論から実践まで詳述します。

防音アパートの作っています。
楽器をガンガンに使える快適なお部屋にカスタマイズします。
大阪から電車で9分徒歩6分の園田にあります。
ご見学下さい。
06-6491-6339

窓・ドアの枠を取り付けます
四周シールします。
防音室入り口ユニット 枠の取付隙間をシール
A仕様ですので間柱は内側用と外側用のふたつになります。
外側の下地を作ります。会わせて薄型換気チャンバーも作ります。
防音室入り口ユニット 吸音材を張って外側の枠を取り付け
内壁と外枠の間に吸音用グラスウール白色の厚35mm32K品を詰め込みます。
内壁と外枠の間のグラスウールの張り込みはできるだけ隙間がないようにします。
ドアや窓まわりについては断面を不織布で覆って露出させるようにすると遮音性能が上がります。
防音室入り口ユニット 枠の間に吸音材の張り込み
白色は35mm厚黄色は50mm厚いずれも32Kg品
隙間の幅に合わせて入れます。
耐水石膏ボードを張ります。

防音壁の張り上げ完成
防音壁防音壁は3枚張り
石膏ボードを3枚張り完成しました。
 3枚ですので厚さは 21mm+9.5mm+9.5mm+接着剤の分=40mm+α の厚みがあります。
最外分は65mmのネジで取り付けています。
接着剤が充分に回るように強く締め付けるため @150程度で止め付けます。
 

既存壁防音補強の要点

既存壁が重い場合と軽い場合では防音性能を高める方法は違います。
既存壁が重い場合は2重壁で
コンクリートやコンクリートブロック造のような既存壁が重い場合は増し張りでは効果がありません。
例えばコンクリート壁に接着剤で石膏ボードを張り付けたり
GL工法や木下地組で石膏ボードを張り付けたする方法は
ほとんど効果がないか悪化します。
遮音材と既存重量壁の間で共鳴して
音が大きくなるか共鳴透過するためです。
それを避けるためには
  • 既存壁と新設壁の間を吸音材で充填する
  • 既存壁の振動が直接固体伝導しないように新設壁は既存壁に取り付けない
ことが必要です。
この条件を達成するには
もうひとつの独立した防音壁を作ることが必要です。

既存壁が軽い場合は増し張りで

木造の壁のように既存壁が比較的軽い場合は
もちろん新たに防音壁を作る方法も効果がありますが
増し張りでも効果があります。
既存壁が石膏ボード1枚張りなら2枚張りにするだけで相当の効果があります。
しかし既存壁が2枚張りの場合は3枚にしたからといって
効果が上がりません。4枚張りにして下さい。

枠を作ります。
右側の大きな空間がドア用の枠です。
左側の3連の枠は一番上が吸気用換気チャンバー用取付枠
真ん中が窓
一番下が排気用換気チャンバー取付枠です。
この枠の手前側に
プラスターボードを張り込みます。

枠の間には吸音材を埋め込みます。
枠の向こう側に
不織布を張ります。


DSC_1495




まず枠を取り付けます。
後から取り付けにくい
部材を取り付けておきます。
防音材が4枚挟まれていますので
120mmのネジで留め付けます。
kabe2
枠に間柱を取り付けます。
DSC_1493
扉を取り付ける枠は垂直になっていることが最低条件です。


防音室の入り口ユニットを作るために
骨組みを作ります。
入り口ユニット作り方1
骨組みの設置場所に印を付けてます。
順番を間違えるとうまく取り付けられません。
DSC_1490
印はチョークラインで目立ちにくいですが
左右のねじれがないように
印をします。
ねじれがあると
防音ドアがうまく付きません。







スーパーストラクチャーA仕様では
壁を作る時に
入り口ユニットを
後で作っています。

四周作ってしまうと
作業ができなくなるので
入り口の壁面だけ後で
作っています。

DSC_1486
入り口のある壁面以外を作ったところです。

写真の防音室はスーパーストラクチャーA仕様+で
この中に防音室を作らないので
入り口ユニットを
製作します。


その27を付け加えます。
千鳥間柱
普通の間柱は
裏と表の壁を
支えます。

千鳥間柱とは
裏と表の壁を
別々の間柱で支えます。

同じ間柱で支えると
壁の振動が間柱を通じて
もうひとつの壁に
伝わっていきます。

それを防ぐために
別々の
間柱を使います。


スーパーストラクチャーC仕様
写真ができましたので
さかのぼって載せます。


写真で示せば

枠を作ります。

1枚目のボード(21mm厚)を仮止めして非硬化性接着材を塗布します。

2枚目(9mmスーパーハード)をネジ止めします。非硬化性遮音材が全体に回るようにネジは密に止め付けます。
(200mm程度)

パネル裏側

戸当たりの付け方
錠側の戸当たりの付け方

引き寄せ錠を全閉より少しだけ開きます。
2ないし3mm程度開きます。

引き寄せ錠が付いている付近に
戸当たりを防音ドアに押しつけ
ネジ止めします。

一旦
ドアを開き
上下の戸当たりを
ドア側に
7ないし8mm移動し固定します。

ドアを同じように
全閉より少しだけ開いて固定します。

戸当たりを
隙間が空かないように
ドアに押しつけながら
ネジで固定します。

この様にすると
戸当たりは
放物線状に曲がり
放物線状に曲がると
均質な力で
戸当たりとドアが
当たっていることを意味します。

戸当たりの付け方

もう少し詳しく述べます。

戸当たりは
軟らかい木で
均一なものを使います。

大きさは
13mm×30mm程度を使います。

大きな断面では
扉に沿うように曲がりません。

小さな断面では
割れたりあるいは
隙間が空いたりします。

まず引き寄せ錠を
全閉より
少し開いた状態にします。

丁番側に
戸当たりを
ドアに当てて
押した状態で
ネジ止めします。

ネジは
最後には
10cm毎程度です。

DSC_0601

DSC_04611
防音扉の隙間をなくすためには引き寄せ錠が一番です。
引き寄せ錠はテコの原理と
傾斜のある受けを利用して
少しの力で大きな力で戸当たりと密着させます。

3点式のものが
最善ですが
小社では
一点引き寄せ式を使っています。

3点式と同様の
効果を得るために
戸当たりを放物線状に曲げております。

防音扉を密着させるために
次の方法を使ってい下ります。

  • 防音扉は引き寄せ錠で引き寄せます。
  • 防音扉は5枚吊り丁番
    普通の扉は2枚多くても3枚です。
  • 防音扉の枠は杉の無節を使っています。
  • 防音扉は軟材の戸当たりをつけています。
  • 防音扉の戸当たりは放物線状に取り付けて
    扉が微妙に曲がって戸当たりと扉が密着するようにする。
  • 扉の錠側に補強用アルミアングルを取り付ける。DSC_0598

防音扉の作り方


防音扉略図
防音扉は
合板に枠を取り付けたものです。

防音扉の必要な特性は
  • 扉自体に防音性があること
  • 扉が建物に密着して隙間がないこと

のふたつです。

扉自体を防音性を高めても
扉が建物に密着できないと
役に立ちません。

密着させるために
種々の方策を使っています。


小社特製防音扉の作り方
防音扉
防音扉は枠に合板を取り付ける方法です。
実際は
合板に枠を取り付ける方法です。

合板は12mmの厚みがあります。

合板に遮音シートを貼り付け
枠を取り付けます。

枠に使う木は
節の少ないものを使います。

厚みが同じになるよう
プレナーを掛けます。

丁番側は幅の細いもの
グレモン錠側は幅の広いものを使います。


開口部の基本は
前述の様な
理論を用います。

開口部の内
出入り口については
次のようにすべきです。

開口部は
  • 複数あることが必要です。
  • 隙間がないことが必要です。
  • 戸当たりについてはスポンジのような空虚なものでない必要があります。
  • 戸と戸の間は吸音材が必要です。


これらの条件を
満足するのが
小社特製の防音戸です。

防音室の開口部

防音室の弱点は
もちろん開口部です。

開口部には
  • 出入り口
  • 換気口
  • エアコン用貫通孔
  • その他の電気・火災報知器・インターネット用線・
    インターホン・ガス管・水道管等々

があります。

出入り口は必須のものです。
窓についても
小社では必須と考えております。
換気口は絶対に必要です。
独立している防音室の場合はエアコンは絶対に必要です。

その他のものも必要な場合は必要です。

既存壁を補強するには
構造上の
注意が必要だと
前述しました。

個々に説明します。

天井材は所定の間隔で止める必要がありますが
施工上大きな問題があります。

普通の天井は
「天井勝ち」と呼ばれる方法で
作られています。

「天井勝ち」とは
天井を先に作り上げ
その後壁を
作る方法です。

そのため
部屋の端側は下地が
壁のすぐ近くか
あるいはない場合があります。

天井材を下地に取り付けることが出来ません。

特に重要な部屋の端付近は止められません。

この問題を解決する方法は
壁材にあります。

まず天井材を止めた後
壁を取り付けます。

そうすると
壁材が天井材を支えて
止めるのと同じことになります。

スーパーストラクチャーD仕様

既存壁を補強するのは
次のことに注意する必要があります。
  • 防音材は重いので必ず下地に止める必要があります。
  • 特に天井材は下地に所定の間隔で止め付ける必要があります。
  • 何枚も重ねて張る場合は
    下地がその重さに耐えることを確認する必要があります。
  • 何枚も重ねて張ると入り隅部分の下地がなくなります。
  • 天井の周りでは
    下地がないことが多いので他の方法を使うこと

入り隅とは壁が90度に曲がるところで
内側に回るところです。

外側に回るところは出隅と言います。

防音アパートの作り方

異種石膏ボードの使用

異種材料を使う方法は質量則以上の防音性を発揮させるものです。

厚い材料の固有振動数は低い

文献によると強化石膏ボード21mmのコインシデンス周波数は1600Hzと書かれています。 コインシデンス周波数は固有振動数のために遮音性能が劣る周波数のことですから強化石膏ボード21mmの固有振動数は1600Hzです。

薄い材料の固有振動数は高い

同じように薄い材料の硬質石膏ボード9.5mmの固有振動数は3000Hzです。

非硬化性遮音材で接着する質量則以上の効果

振幅や振動数の異なる2材を緩く接着すると遮音効果は大きくなるそうです。

ストラクチャーC仕様壁天井

異種材料を使うと
防音性能が
増すのです。

石膏ボードでも同じです。

石膏ボードの最も厚いものは
  21mm

石膏ボードの薄くて一番固いもの
  9.5mmハードタイプ

の2種類を
張り込みます。

音が当たった時に
2材の
振動幅と振動数が
異なります。

2材を
非硬化性接着材で接着すると
その接着面に
ずれを生じ
エネルギーを
減衰させることが出来ると
考えられています。

スーパーストラクチャーC仕様壁
防音室B仕様
C仕様は
B仕様とは下地も同じです。
遮音材が
大きく異なります。

通常では使わないようなものを使います。

使うものは石膏ボードですが

  • もっと厚いもの
  • 薄くてもっとも固いもの

異種材料を使っています。

スーパーストラクチャー
窓周りの
吸音材の張り方。

防音室の内部に
もうひとつの防音室を作る場合には
スーパーストラクチャーの
枠組みの中だけ
吸音材を張りますが
窓・防音扉の取り付け位置には
吸音材を張ります。

その理由は
  • 間隔を開けないと窓を建て込み出来ない
  • 間隔を開けないと扉のグレモン錠が当たる
  • 共鳴透過によって窓の遮音性をが劣るのを
    吸音材で補う

です。
窓周りの吸音材張る前窓周りの吸音材を張る前
窓ユニットに吸音材の張り方。1下側に吸音材を張って不織布をカバー
窓ユニットに吸音材の張り方。2不織布を張ります。

窓ユニットに吸音材の張り方。3吸音材をはってから不織布でカバー
窓ユニットに吸音材の張り方。4四周張って完成です

スーパーストラクチャーの組み立て順序

小さなお部屋の中に
もうひとつの防音室を作るためには
中から
作らなければなりません。

順序よく
組み立てないと
組み立てられないか
隙間が空いたりします。

  1. 窓部分のユニットや扉部分のユニットをまず製作します。
  2. 窓部分は開口部が大きい場合は上部を補強します。
  3. 扉部分のユニットは何重にも重なった防音扉が開くように
    開口部を中に行くほど大きくします。
  4. その他の壁ユニットを作ります。
    その他の壁ユニットの幅は材料幅です。
  5. 窓のような上部を補強する部分では
    天井材と接合が困難となりますので
    接合方向を熟慮します。
  6. 窓ユニットを建て込む前に
    窓部分に吸音材を張っておきます。
  7. 窓ユニットの隣の壁部分を建て込みます。
  8. 桟で補強して次の壁部分を建て込みます。
  9. 順次建て込んだ後
    立て直しをした後
    天井をユニットを製作します。
  10. ゆがみ等がありますので
    天井にあわせてユニットを製作します。
  11. 天井ユニットを載せネジ止めします。
  12. 割りで補強した後順次天井ユニットを載せていきます。
  13. 骨組みの間に吸音材を張り込みます。

こうして
扉ユニット以外の部分は完成です。




スーパーストラクチャー
B仕様


写真でご覧下さい。

吸音材を
万遍なく入れています。


防音アパートの作り方 B仕様

写真では
全部を製作したように
写っていますが
実際は
撮影側の
壁は作っていません。

四周作ってしまうと
中の
防音室が
組み立てられませんので
作っていません。



スーパーストラクチャー
B仕様


スーパーストラクチャーB仕様壁

製作は
まず立て材の垂木を上下繋ぎの垂木に取り付けます。

石膏ボード厚12mmを
寸法に切断して
裏に遮音シートを張ってから
下地の垂木の取り付けます。

次に非硬化性遮音材を塗った後
石膏ボード厚12mmの表側に
非硬化性遮音材をつけるように
密着させ
ネジ止めします。

非硬化性遮音材が
万遍なく石膏ボードに回るように
ネジ止めします。


防音室スーパーストラクチャーB仕様
スーパーストラクチャー
B仕様


3重の防音室の場合は
真ん中の
防音室に
B仕様の
スーパーストラクチャーを用います。

異種材料を
多用するのが
防音に効果があります。

使用材料は
スーパーストラクチャーA仕様壁と
同じです。

使い方が裏表逆になって
部屋側に
下地がきます。

スーパーストラクチャーA仕様
壁天井が出来上がると
前述の
吸音材を
張ります。

A仕様には
吸音材が
内部に張っていません。

また
最外壁ですの
3重の防音室にするためには
A仕様の壁天井に
吸音材を張ります。

窓周り
開口部周りには
吸音材の
断面が見えるように
張る必要があります。

なお
落ちてしまいますので
実際に張るのは
次の内壁を
取り付ける直前です。




効果的な吸音材

効果的な吸音材は
  • 密度が高い
  • 厚みがある
  • 背面の空間がある
  • より微細な繊維
グラスウールです。

密度

密度は1m3当たりKg数で表されます。
密度が高いほど中高音域の吸音率が高いことが知られています。
実用上は32K品程度がコストパフォーマンスが優れています。

厚み

厚みは厚いほど良いです。

厚みが増すほど低中音域の吸音性が上がります

背面の空間

背面の空間が多いほど低中音域の吸音性が上がります。

吸音材を一部充填する時は音源側に設置すること

理論上は空間はすべて吸音材で充填するのが最善ですが
出来ない場合は音源側に寄せて設置する方が吸音性能は上がります。

繊維の太さ

繊維は細いほど吸音性が上がります。
細い繊維は施工時チクチクせず施工性が良いです。

スーパーストラクチャー
A仕様
壁天井仕上げ

DSC_0534111
遮音シートの張り方
遮音シートは隙間なく張ります。
上下の隙間や
重ね合わせの部分なども
隙間なくシールします。

それと同時に
遮音シートは張り材と
密着させる必要があります。

小社では
タッカで
密に張っています。

この上に
吸音材を張ってA仕様は
終わりです。

スーパーストラクチャー
A仕様
壁天井仕上げ

石膏ボードを張った後
遮音シートを張っています。
この上に吸音材を張って
中の防音室を製作します。

遮音シートは
小社では騒音側に取り付けております。

騒音側の方が効果があると考えております。


DSC_0534111

スーパーストラクチャー
A仕様
天井

天井下地は野縁と言います。

上の防音天井と
下の防音天井を
隔離するために
千鳥に
野縁を配置しました。


スーパーストラクチャーA仕様天井



内側から
すべて施工できるように
してあります。

狭い所でも
工事は可能です。

内側の野縁は
今回は桟で組み立て構造にしています。

接着材で作っています。

桟を組み立てずに
縦に横に並べただけに比べ
約2倍剛性があります、

スーパーストラクチャーA仕様


壁には桟と垂木が
土台の上に立っています。

外側用と内側用の間柱です。

上から見ると
千鳥の足跡のよう右左に交互に立っています。

これを
千鳥間柱と言います。

図面で言えば
下記のようです。
スーパーストラクチャーA仕様壁

間柱の間に
吸音材を「押し込み」ます。

写真で言えば
スーパーストラクチャーA仕様壁内側
こんな感じです。

スーパーストラクチャー
A仕様
天井

内側

野縁とは
天井下地のことです。

通常は

梁から吊り木と呼ばれる材で吊ります。

そうせず
野縁だけで
下地とするのです。

今回の
防音室は
それ程大きくないので
天井全体の厚みも
それ程大きくなりませんでした。

どのようになるかというと
DSC1_0530
こんな状態です。

写真ではわかりませんので
もっと分かり易い図面を明日用意します。

スーパーストラクチャー
A仕様
天井

内側

DSC_0530

天井も
壁と同じです。

同じ下地を使うと
音を通しやすくなるので
別の下地を作ります。

壁と違って
天井の自重に耐えられなければなりませんので
大きめの下地です。
また
分厚くならないように
注意しなければなりません。

建築用語としては
ありませんが
便宜的に
千鳥野縁と言います。


スーパーストラクチャーA仕様

内側

前述のように
A仕様は
二重壁です。

二重壁には
共通間柱と
千鳥間柱の
方法があります。

共通間柱とは
表と裏の二重壁を
同じ間柱に取り付けることです。

表の音を受けて壁が振動して
それが間柱に伝わり
そして
裏の壁に振動が伝わってしまいます。

それに対して
千鳥間柱とは
間柱を
千鳥に配置することです。

表用の間柱と
裏用の間柱を
交互に配置するのです。

断面を見ると
千鳥の足跡のように
右左に
間柱を配置するのです。

スーパーストラクチャーA仕様壁

この様にすると
外側の振動は
直接は
内側には伝わりません。

スーパーストラクチャーA仕様壁内側
スーパーストラクチャー
A仕様
壁天井

A仕様の壁は
二重壁になっています。

裏と表を張るやり方です。

しかし
裏と表を同じ下地に張ると
表の振動が裏の板に直接繋がって
防音には役に立ちません

そこで
下地を
別々に作って
それを逃れます。

内側の下地は
35角垂木で作ります。

スーパーストラクチャー
A仕様

壁と天井を作ります。

DSC_0519

窓の詳細は
後日開口部編で
詳しく書きます。

小社では
防音室には
必ず
窓が必要と考えています。

楽器を
窓のないお部屋で
長時間奏でたら
「音を楽しむ」からは
遠く離れていますよね。

この上に防水性のある外壁を張る予定です。

DSC_0512
スーパーストラクチャー
A仕様
壁と天井の交差部

下から入れて
作る関係上
中から
完全に固定する方法を
使っております。

壁の
上端に
割り材を立てて固定します。

その固定したところに
天井パネルを
固定します。

固定する時は
隙間がないように
ネジで引き寄せて固定します。

↑このページのトップヘ